桟橋でボー・・・


by kurogoma15
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

28日目。


( ゜ω゜)ドモ。


目標の1ヶ月連続更新まで後3日!地味にやる気が減退してきた気がするがなんとか粘ってみよう。前置きに書くことなんかあったかなー。んー・・・ないや。


いつものコーナー「今日の雑談♪」
本日の御題は

Q:コカ・コーラの原点


A:日本でもお馴染みのアレです。ここでは会社ではなく商品のほうを語りたいと思う。生まれたのは1886年ジョージア州アトランタの町。ジョン・ステイス・ペンバートンという薬剤師が初めて売ったらしい。何故薬剤師がコーラなんて作ったのかというと、そもそもコーラは強壮剤として生まれたからである。原型となった商品名は「フレンチ・ワイン・オブ・コカ」と言い、コカの葉のエキスが入っている。当初は頭痛に効果のある南米産コカの葉とワインを組み合わせたものだったがアルコールは体に良くないと判断したペンバートンはワインに変わる液体を考える。ここからは自分の調べた限りでは2つの説があった。
1.ペンバートンは代わりの液体に水を用いるように指示したが、販売店員が間違えて炭酸水を用いてしまった。結果、水より炭酸水で割ったほうが美味であったためそちらが評判となり残ったという説。
2.ペンバートン自身がコーラ・ナッツのエキスを加えたソーダ水を選んだという説。熱帯アフリカ原産のコーラナッツのエキスは、体を活性化させると信じられていた。
どちらがより正確なのか判断する決定的な材料が無かったため、両方挙げておいた。ここからは余談であるが、当時のコーラには麻薬の「コカイン」が含まれており、爆発的な人気はこれに起因したのではないかと言われている。もっとも、南北戦争で負傷した兵士に麻酔として使われるモルヒネの中毒症状を緩和させるために入れられていたからで、「コカイン」が禁止となった現在では含まれていない。コカ・コーラのコカが「コカイン」に由来するのか、はたまた植物の「コカ」に由来するかは定かではない。


元々は薬だってさ。
次回予告「白身魚と赤身魚の違い」(何故肉の色が違うのか!?)こうご期待。
[PR]
by kurogoma15 | 2007-11-28 18:03 | リアル