桟橋でボー・・・


by kurogoma15
カレンダー

2007年 11月 07日 ( 1 )

7日目。


( ゜ω゜)ドーモ。


「なんとかなる」って常に思ってる。良い意味でも悪い意味でも。そうでも思ってないと俺はやっていけない。自分の弱さに押し潰されるから。生きてる意味、価値、全てが分からなくなる。まー自分の価値なんて分かってるヤツのが少ないんだろうけど。なんのために生まれて、何のために生きてるのか。いてもいなくても変わらない存在、そこに在ることに誰も気付かない。そんな風にたまに思うことがあるんだよね。思うだけで結局何も出来ない、しない。


まぁそんな話は置いといて、今回のテーマは「嘘」でいこう。俺は自分を嘘で覆い隠してるって言っても過言じゃあない。小さい頃からありとあらゆる嘘をついてきた。小さいものから大きいものまでね。まぁ大概バレてんだけどもさ。「嘘」ってのは面白いもんでさ、いろいろあるんだよ。良い嘘、悪い嘘、咄嗟の嘘、計画的な嘘。俺のは9割が咄嗟だね。無意識って感じでいつのまにか染み付いてた。ここ1~2年である程度は嘘付かないように克服してきたつもり。たまに、昔のことを親や、知り合いと話すことがあるじゃん。そんなときにたまに思うんだよ。自分の記憶と違うなーって。もちろんまるっきり違うって訳でもないから、そいつと俺の主観的な部分での誤差かもしれん。でも嘘吐きだった俺は自分の思い出を自分で信用できない。信用できなくなると困ったもので、断片的な回想しか出来なくなる。気付いたら全く思い出せなくなってる。今23歳なんだけど、小学生の頃から前の記憶がほとんど無かったり。かろうじて断片的にはあるんだけど、行事だとか、知り合いの名前だとかその程度。分かる範囲で思い出繋ぎ合わせて話してるけど、どこまで正しいんだか。言ってる俺自身にもわかんねえ始末。中学の記憶は、いろいろあって結構覚えてるんだけどなー。そのうち中学の記憶も消えるんかな。自分の失敗とか失態とかそーゆーのだけなかなか消えないんだねぇ。

嘘はほどほどにしたほうが良いなぁヤッパリ。
こんなこと、嘘吐きにしか分からない境地かもね。以上終わり!( ^ω^)

*追記(11/9)辛い記憶や悲しい記憶を消すには、より強くより大きい辛さや悲しみでしか消せない。裏を返せば、楽しい記憶もより強くより大きい楽しみで消えてしまう。ノスタルジックだけども悪くない気がする。
[PR]
by kurogoma15 | 2007-11-07 20:35 | リアル