桟橋でボー・・・


by kurogoma15
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

20日目。



( ゜ω゜)ドモ。


2/3ヶ月到着。2日続けて「ひぐらし」ネタだったので今回はやらねぇぞ!11/18にコメントが2件も来てたから、ちょっと読者サービスしてやっただけだ!ありがたいと思えよ!まぁ皆がこんなしょうもないBlogに何を期待しているかなど俺の知ったことでないわけであるが!こまめに閲覧してる阿呆がいるとすればそれなりに感謝しておこう。だからまぁ、何か俺に論じてほしいことでもあればコメントに残すといい。書くかどうかは全くの未定だがな!あーっとアニメ系話題に関しては編集長との折衝が非常に大変であるので極力その他の話題でよろしく!もちろん偽名等で結構だ!誰であろうと平等に扱ってやろう。書く内容に困っているのも事実だがな・・・。


なんかな。毎日書くこと考えるのも非常に面倒なんだよ。そこでだ、なにかしら企画を立ててそれを毎日淡々とこなしてゆくことを考えた。ほら、皆けっこうやってんじゃん。リネだと「今日の日記みました」とか「今日の矢筒&壷」とかな。といっても現状MMOをやってない俺にはそのネタがない。んでんで、まぁせっかく暇つぶしにここに来てくれている貴様等をてぶらで返すのもまぁ礼儀に欠けるんじゃねぇかと思って雑学のひとつでも見につけさせてやろうじゃあねぇかと。とりあえず思いつきだけどやってみるぞ。


初企画!「今日の雑学(仮)」

ピンときたのを紹介。
ちなみに「めきめきモノ知りになる雑学王 夢文庫出版」を引用。



Q:鯖の押し寿司を「バッテラ」と呼ぶその語源


知ってる人はまぁ「常識常識♪」って思いながら薄ら笑みを浮かべて、本を読むまで知らなかったこの俺をあざわらってるがいいさ!


A:バッテラは明治20年代、大阪ミナミのあるすし屋が「コノシロ」という魚を寿司に使い、これをバッテラと呼んだのが発端である。何故バッテラなのかというと、当時大阪の川を走っていたボートをバッテラと呼んでいたことに起因する。本来バッテラはポルトガル語でボートのこと。ようするに、大阪の川を走っていたバッテラ・ボートと「コノシロ」の肩身の尻尾の跳ねている形が似ていたためコノシロ寿司をバッテラと呼んだそうな。そしてその後、バッテラのネタは「コノシロ」から鯖に変わったが呼び名だけは変わらず受け継いでいるとのこと。


いやはやなかなかどうして、普通に知りませんでしたよ。
如何せん気になるのはあくまで本の受け売り。そして手元にあるこの本は2000年発行。この本に誤りがあった場合、それに気付く手立ては私には無い!だからもしこの内容に疑いをもった方は是非確かめみてくれ。とりあえず俺は本を信じておく。そしてもし誤りがあったらコメントにて指摘してもらえると助かるぜ!以上!

ちなみに次回のお題はこちら「中国地方の由来」 
[PR]
# by kurogoma15 | 2007-11-20 11:46 | リアル

19日目。



( ゜ω゜)ドモ。


案の定、「ひぐらし」の影響で寝付けが悪くなった。まぁそんな俺でもひとつわかったのは、各章はそれぞれ短編みたいな感じで一通り終結し、時をさかのぼり違った形で繰り返す。そしてそのそれぞれがパズルのピースのような役割になり最終章という枠の中にひとつずつはめていき、完成する。こんな感じなのかな。全ての伏線が最終章で垣間見える。僕が現段階見てるのはごく一部なのでかなり偏ったみかたかも。簡単に人が死ぬということに共感はできないものの、伏線を残し物語を進行させ、後ほどフィードバックさせる手法は結構好きなので悪くない。一時的なBADENDも確かにそれだけ見ると凄惨なものであるが、後にその裏にあるバックボーンを織り交ぜ、全て最終章に帰依させているとすれば納得がいく。まぁ1期の1話から見て、2期の最終話まで俺の精神が持つはずもないので見る気はいまだに無いけれども。「Air」のホラー版と言えるのかな。



断じて「ひぐらし」のファンなんかじゃないぞ。
[PR]
# by kurogoma15 | 2007-11-19 00:31 | リアル

18日目。


( ゜ω゜)ドモ。


自分でも馬鹿過ぎだろとか思った出来事を紹介。


ニコニコで面白そうなの無いかなと散策。

   ↓
   ↓

某知り合いから薦められた「○ぐらし」のゲームプレイ動画。
(保志のネタ=固有結界には興味があったので・・・)

   ↓
   ↓

「いろんな短編みたいになってたし、この回は平和なんだな!」と誤認。
(残虐で放映停止になったくらいだから警戒だけは怠らずに見学)


   ↓
   ↓

一時的にハッピーエンドフラグが成立。
(恐る恐る見学していた俺にここで笑みがこぼれる)

   ↓
   ↓

EDかと思いきや・・・唐突に雲行きが怪しくなる。
(ここでやめようかなとか思ったけど、なんとなく見てしまう)

   ↓
   ↓

そして後悔した・・・

   ↓
   ↓

その後動画を閉じようと改めてその動画のタイトルに眼をやると・・・

   ↓
   ↓

「ひ○らしのなく頃に 祭 皆殺し編




今年度最大の敗因でしたとさ・・・。いやまさかさ!過剰表現で、ホントに皆殺されるとか思いもし無かったよ!てか途中まで微塵もそんな雰囲気無かったのに(°д°)夢に出そうでちょっと鬱な11月18日でしたと・・・まぁタイトルに気付いたのは大石死亡時。

年末に会うであろう、某ひぐらし厨にこの恨みを倍に返してやろうと決意した。以上!
[PR]
# by kurogoma15 | 2007-11-18 02:46 | リアル

17日目。



( ゜ω゜)ドモ。


今日ご紹介するナンバーは・・・


「旅立つ日」

 歌: JULEPS(ジュレップス)


これはヤバイ。嫁さんの推薦状を携えて登場してきたこのナンバーはまじで名曲。


  もしも僕がいなくなったら・・・最初の夜だけ泣いてくれ。
            きみとぼくが過ごした時を思い出しながら見送って・・・



いやー良いですなぁ。こういう歌にはめっぽう弱いんです。
[PR]
# by kurogoma15 | 2007-11-17 13:19 | リアル

16日目。



( ゜ω゜)ドモ。


またまたNiceな歌を見っけた


 Euphoric field(ユーホリック フィールド)

歌:ELISA 作詞:西田恵美&酒井伸和 作曲:天門



作曲者がやや人気らしいが俺は初見。歌詞は英語Only。ニコニコでうpされてるやつを直Linkしてもよかったんだけどもろもろの都合で自粛。聞きたいやつは自分でニコニコ行けばいい。この曲は間奏がスゲー良い。ピアノ→ヴァイオリンってな感じ独奏ってわけじゃないんだけどメインパートがそれぞれあってそこが聞いててwktkする。歌詞については可も無く不可もなくってとこかな。


>>某ひぐらし厨へ

「奈落の花」と「You」は聞いた。
「You」はなかなか良いなーって思ったけど「奈落の花」は歌詞がry なんていうか、ひぐらしのためだけに作られた歌っぽい感じがするせいかな。確かに作品に同調させて曲作りってのも大事だけど作品に飲まれすぎな気がする。だからひぐらしを見てない人にはあまり響いてこないんじゃないかなー。逆に内容知ってる人間にとっちゃかなり思いいれできるんじゃねぇかと判断した。
[PR]
# by kurogoma15 | 2007-11-16 12:08 | リアル